芽室町社会福祉協議会概要
Facebook
twitter
「なごみ」と「ふたば」のぽかぽか日記

概要

社協とは?

社協(しゃきょう)とは、社会福祉協議会の略称です。

  1. 社会福祉協議会は、昭和26年(1951年)に制定された「社会福祉事業法」(平成12年に改正され、現在は「社会福祉法」)の第109条に基づいて設置されています。

  2. 営利を目的としない民間の団体・組織です。

  3. 社会福祉協議会は、全国、都道府県、特別区、政令指定都市(行政区=地区)、市町村単位で組織されています。

  4. 社会福祉協議会は、地域のニーズに対し、柔軟かつ迅速・意欲的に取り組める「自主性」と、地域の方や社会福祉関係者などの参加のもと、保健・医療・福祉などの行政・関係機関と連携・協働できる「公共性」を合わせもった団体・組織です。

  5. 社会福祉協議会は、地域福祉を推進する中核団体・組織として、誰もが安心して地域で暮らすことのできる“安心・安全・福祉のまちづくり”のため、地域の特性を踏まえた独自の事業を展開しています。

概要

名 称社会福祉法人 芽室町社会福祉協議会
会 長小椋 孝雄(オグラ タカオ)
住 所〒082-0014
北海道河西郡芽室町東4条4丁目5番地5
芽室町保健福祉センター内
設 立昭和26年10月10日
法人化昭和58年10月18日
目 的芽室町における社会福祉事業その他の社会福祉を目的とする事業の健全な発達及び社会福祉に関する活動の活性化により、地域福祉の推進を図ることを目的とする。
事業内容地域福祉、訪問介護、適所介護、居宅介護支援、小規模多機能型居宅介護

事業計画(令和3年度)

 

1.使  命

  社会福祉法人芽室町社会福祉協議会は、町民と共に地域福祉を推進する団体として、住み慣れた地域で安心して暮らせるよう地域住民が主体となり、思いやり・支え合う「地域共生社会」の“まちづくり”の実現を使命とします。

 

2.基本方針

芽室町と芽室町社会福祉協議会が連携し、第4期芽室町地域福祉計画に則した第5期地域福祉実践計画を推進し、この使命を実現するため以下の方針を定め、各種事業を実現します。

(1)支え合いと助け合いの地域づくり、「地域共生社会」の実現

⓵広報誌・SNS等を通して、芽室町社会福祉協議会の事業・活動の情報を公開し、「芽室社協見える化運動」と地域住民への福祉情報の啓発・周知に繋げ、地域住民が主体的に地域課題を把握・解決する体制を整備する。

②出前講座やボランティア(地域協力者)養成講座、ボランティア活動へのきっかけづくりの「なごみカフェ」を実施し、共生の心を育みます。

③地域の福祉への助成や物品貸出し事業で、地域福祉活動の応援・支援をいたします。

④子供から高齢者・障がい者の方まで、イベント・組織・活動で人との繋がりを通して、地域住民の交流の場を設け、共に喜び支え合う仕組みを創る。

(2)思いやりと優しさでつなぐ地域づくり

⓵ボランティアセンターを核としたボランティアネットワークを構築し、また、介護予防ポイント事業の活用を図り、支える側と支えられる側を繋げる仕組みを創る。

また、ボランティア団体・個人の育成並びに新たな人材発掘を図って行きます。

②地域企業・住民の思いやりを募り、生活困窮者世帯への食料品の提供など「支え合い助け合いの地域づくり」を実施します。

③お互いのことを気に掛け合い、笑顔で安心して暮らすために、地域交流サロン事業を実施します。

④共生型施設ふれあいサロン「なごみ」を核とする、ふれあい居場所づくり、地域活性化、情報交換、交流の集いの場となるよう努めます。

(3)生活を支えるサービスが受けられる地域づくり

安定的な介護保険サービス提供を行い、利用者ファーストに努め、誰もが住み慣れた町で安心して住み続けられるよう努めて参ります。

 

⓶生活支援コーディネーターを配置し、高齢者の包括的な支援体制を整備すると共に、アウトリーチの強化と高齢者の生活上の不便や生きがい等を把握し、社会資源に 繋げるなど課題解決に取り組んで参ります。

また、社会資源の開発、社会資源のネットワークづくり、特に少子高齢化に伴い、支えられたり支えたりの地域共生社会の実現を目指します。

 

(4)安心して暮らしていける地域づくり

⓵日常生活の相談窓口、権利擁護事業、生活困窮者への支援等の相談支援体制の周知・充実を図ります。

⓶介護を必要とする高齢者や障がい者等の外出・移動支援や、除雪サービス、紙おむつ購入支援を実施します。

(5)地域福祉を支える強い社協づくり

「何か困った時は、まずは社協へご相談ください」を提唱し、地域住民の複合化・多様化した支援ニーズに対応する個人やその世帯の地域生活を把握し、解決していく 包括的な支援体制づくり、また、アウトリーチを強化する組織体制を整備し、課題解決に向けて取り組んで参ります。

そのために、新たに地域福祉活動と介護事業を結び付けるなど、組織が一丸となって横断的に事業推進する組織強化を図って参ります。

 
  


その他

私たちの目指す職員像

  1. 全ての人の人格・尊厳を重んじ、節度ある態度をもてるものでありたい。
  2. 人から必要とされることに、喜びをもてる者でありたい。
  3. 誰からも、心を開いてもらえる者でありたい。
  4. 自らの専門性、人間性をたかめるため、研鑽に励む者でありたい。
  5. より良い職場環境をつくることに、積極的な者でありたい。
  6. 他職種との連携に、心配れる者でありたい。
  7. 社協全体の働きに、常に関心をもつ者でありたい。

定款・規程

事業報告・決算書

全てPDFファイルです。ご覧いただくには「Adobe Reader」が必要です。
※画質を落としてアップしています。お許しください。

現況報告

▶令和3年度

▶令和2年度

▶平成31年度

▶平成30年度

▶平成29年度

▶平成28年度

▶平成27年度

第5期地域福祉実践計画

第5期「地域福祉実践計画」完成!!

 令和元年度から令和4年度の4か年を期間とした、第5期「地域福祉実践計画」が完成しました。

 この「地域福祉実践計画」は、社会福祉法第109条で『地域福祉の推進を図る団体』と位置づけられている社会福祉協議会(略称「社協」)が、どのような福祉のまちづくりを目指しているのかを地域住民の方々に明らかにする計画です。

 芽室町社会福祉協議会では、第5期「地域福祉実践計画」のもと、地域で暮らす全ての人が地域社会の一員として参画し、住みなれた地域で安心して暮らすことのできる福祉のまちづくりを芽室町民の皆様方とともに進めます!

第5期「地域福祉実践計画」

全てPDFファイルです。ご覧いただくには「Adobe Reader」が必要です。

アクセス

お問合せ先

名 称社会福祉法人 芽室町社会福祉協議会
住 所〒082-0014
北海道河西郡芽室町東4条4丁目5番地5
芽室町保健福祉センター内
電 話(0155)62-1616
FAX(0155)62-1657
メールm-syakyo@memuro-syakyo.jp
営業日月~金曜日(土・日・祝日お休み)8:45~17:30
※令和3年4月1日より業務時間が変更いたしました。

アクセス

リンク

芽室町関係

その他

社会福祉法人千歳市社会福祉協議会
北海道ビッグディッパーズ