芽室町社会福祉協議会概要
Facebook
twitter
「なごみ」と「ふたば」のぽかぽか日記

各種団体

芽室町共同募金委員会

赤い羽根共同募金運動

 赤い羽根共同募金運動は、厚生労働大臣の告示により10月1日~12月31日まで行われる募金活動です。
 寄せられた寄付金は、民間の地域福祉活動のために、全道各地で大切に使われています。
 例えば・・・

赤い羽根競合募金運動

(1)送迎や物品購入などに必要な福祉車輌の購入に

 地域で暮らすお年寄りの送迎や授産製品の搬入・搬出の時に使用する車両を届けています。

赤い羽根競合募金運動

(2)地域で活躍するボランティアの育成や研修に

 地域や学校での福祉教育やボランティア体験あるいは研修などの活動支援に役立てられています。

赤い羽根競合募金運動

(3)お年寄りが安心して暮らせる地域づくりに

 地域で暮らすお年寄りのために、ボランティアの方が訪問して食事を届けたり、安否確認しています。

赤い羽根競合募金運動

(4)障がいをもつ方々の社会自立のために

 地域で暮らしている障がいを持った方々の社会参加や就労支援に必要な授産機器の購入などに役立てられています。

赤い羽根競合募金運動

(5)子ども達や母子・父子家庭の支援のために

 地域に暮らす児童の療育施設への補助、また、子育て支援や青少年の健全育成に役立てられています。

赤い羽根競合募金運動

(6)様々な福祉活動のお知らせや募金運動の啓発のために

 地域で行う福祉イベントへの支援、また運動開始のお知らせや募金の使い道などの公表をしています。

※上記(1)~(6)は、社会福祉法人北海道共同募金会発行「赤い羽根共同募金ボランティア向け手引き書」より抜粋しました(写真はイメージです)。

はねっと

詳細につきましては、「はねっと」をご覧ください。

芽室町における赤い羽根共同募金運動にお寄せいただいた寄付金の使い道

芽室町における赤い羽根共同募金運動にお寄せいただいた寄付金の使い道(PDFファイル)

※赤い羽根共同募金運動のマスコットキャラクター「愛ちゃん」と「希望くん」をクリック!

芽室町における赤い羽根共同募金運動結果報告(平成14年度~平成26年度)

芽室町における赤い羽根共同募金運動結果報告
(平成14年度~平成26年度)(PDFファイル)

※「ありがとう」をクリック!

赤い羽根の豆知識

赤い羽根共同募金運動のはじまり

赤い羽根共同募金運動のはじまり

 むかし、ヨーロッパのある村で1人の牧師さんが、道ばたの樫の木に「与えよ、取れよ」と書いた箱を吊しておきました。
 それは、生活に困っている人や病人、お年寄りを助けるためのものでした。
 これを見た村人の中で、多少とも余裕のある人はその箱の中にいくらかのお金を入れ、困っている人は箱の中から必要なだけのお金を引き出して役立てたといわれています。
 この牧師さんの精神“たすけあいの心”が、現在の赤い羽根共同募金運動に受け継がれました。

わが国の赤い羽根共同募金のはじまり

わが国の赤い羽根共同募金のはじまり

 赤い羽根共同募金運動は、戦後間もない昭和22年からスタートしました。
 戦後、民間で運営されていた福祉施設の乏しい財源を補う必要から、「たすけあう」という相互扶助精神を基調として始まったのです。
 今日では、戦後直後のような貧困さは見られなくなりましたが、諸外国に類をみないスピードで高齢化が進んでいる我が国において、様々な方が安心して暮らすことのできる社会を築く必要に迫られています。
 赤い羽根共同募金は、“住みよい豊かな福祉のまちづくり”を目指し、民間の福祉団体の活動を支え、応援していく大きな役割を担っています。

どうして「赤い羽根」なの?

どうして「赤い羽根」なの?

 共同募金のシンボルとして親しまれている「赤い羽根」ですが、共同募金運動のなかで登場したのは、運動開始後の2年目、昭和23年からでした。
 当時、街頭募金の寄付済みの印として何を採用するかを検討されていました が、同時期にアメリカでも社会福祉のための募金(United Way)が 行われ、水鳥の羽根を赤く染めて使っていることにヒントを得て、日本でも鶏 の羽根を使うことになりました。
 当時の国民感情としては、赤い印を胸につけることは突飛すぎると難色を示した方が多かったようです。

右が「愛ちゃん」、左が「希望くん」です。

スコットキャラクターの名前は?

 赤い羽根共同募金運動のマスコットキャラクターは「愛ちゃん」 と「希望くん」といいます。  
 昭和61年、公募により採用された図案を元にデザインされました。   
「愛ちゃん」がお姉さん、「希望くん」が弟です。  

←右が「愛ちゃん」、左が「希望くん」です。

「赤い羽根」は正義の印?

「赤い羽根」は正義の印?  

 “どうして「赤い羽根」なの?”でふれましたが、アメリカの募金、United Wayで赤い羽根が使われた背景には、イギリスの三  銃士やロビンフッドが帽子につけて活躍したり、アメリカではインディアンが勇者のシンボルとして冠に付けるなど、世界中で正義や勇気の象徴として赤い羽根が用いられたことに由来します。
 あのミッキー○ウスも、赤い羽根を付けて悪者と戦ったことがあ  るそうです。

1947(昭和22)年、 第1回共同募金運動のポスター

1947(昭和22)年、
第1回共同募金運動のポスター

芽室町限定寄付金付きピンバッジ&クリアファイル募金

今年で4年目を迎えた芽室町限定「赤い羽根共同募金ご当地ピンバッジ」が完成しました!!
ピンバッジの販売額は1個500円(クリアファイルの販売額は1枚100円)で、製作費を除いた額が今年度の芽室町の共同募金になります。

▶ピンバッジ&クリアファイル募金チラシ(PDFファイル)

芽室町共同募金委員会(芽室町社会福祉協議会)事務局での窓口販売のほか、今後は各種イベント等でも販売いたしますので、ご協力をよろしくお願いいたします。

【お問い合わせ先・取り扱い場所】
 芽室町共同募金委員会(芽室町社会福祉協議会)
 芽室町東2条2丁目15番地1 ふれあい交流館内(芽室町役場東隣り)
 TEL 62-1616

歳末たすけあい募金

 共同募金運動の一環として、芽室町民みんなが明るく温かい新年を迎えられるようにとの願いのもと、12月から行われるのが「歳末たすけあい募金」です。  
 この募金運動にお寄せいただいた浄財は、芽室町内の在宅で高齢者などを介護されている世帯や75歳以上の単身者世帯などで、経済的に援助が必要な世帯に配分されています。

芽室町社会福祉協議会歳末見舞金支給実施要綱(PDFファイル)

平成28年度「歳末たすけあい募金」配分実績

障がい者(児)世帯8世帯
ひとり親世帯9世帯
ひとり暮らし高齢者世帯23世帯
高齢者夫婦だけの世帯2世帯
その他の準要保護世帯2世帯
ボランティアの皆さんにご協力いただいた街頭募金活動の様子
ボランティアの皆さんにご協力いただいた街頭募金活動の様子
ボランティアの皆さんにご協力いただいた街頭募金活動の様子
ボランティアの皆さんにご協力いただいた街頭募金活動の様子
ボランティアの皆さんにご協力いただいた街頭募金活動の様子
ボランティアの皆さんにご協力いただいた街頭募金活動の様子

ボランティアの皆さんにご協力いただいた街頭募金活動の様子

芽室町老人クラブ連合会

 芽室町老人クラブ連合会は、町内老人クラブ相互の連絡調整と普及発展を図り、老人福祉の増進を図ることを目的としています。
 事務局は芽室町社会福祉協議会内にあり、芽室町社会福祉協議会の事務局長が老人クラブ連合会の事務局長を兼務しています。
 事務局員は芽室町社会福祉協議会の職員が担当し、事務・会計処理などを担当しています。

「老連だより」の発行

平成29年度

4月号 第218号
平成29年4月25日発行

5月号 第219号
平成29年5月29日発行

6月号 第220号
平成29年6月28日発行

7月号 第221号
平成29年7月25日発行

8月号 第222号
平成29年8月25日発行
9月号 第223号
平成29年9月26日発行

10月号 第224号
平成29年10月25日発行

11月号 第225号
平成29年11月29日発行

平成28年度

4月号 第206号
平成28年4月27日発行

7月号 第209号
平成28年7月25日発行

10月号 第212号
平成28年10月25日発行

1月号 第215号
平成29年1月25日発行

5月号 第207号
平成28年5月27日発行

8月号 第210号
平成28年8月26
日発行

11月号 第213号
平成28年11月29日発行

2月号 第216号
平成29年2月27日発行

6月号 第208号
平成28年6月28日発行

9月号 第211号
平成28年9月26日発行

12月号 第214号
平成28年12月28日発行

3月号 第217号
平成29年3月27日発行

あおぞら芽室会(母子会)

●年会費1,200円

●年1回、親子親睦行事を開催しています。  

●ふれあい交流まつりへの参加協力(屋台)をしています。  

●北海道母子寡婦福祉連合会の特別生活資金貸付制度や奨学金制度(高校生対象)があります。

●あおぞら芽室会独自の奨学金(小・中・高校入学時)制度があります。

「あおぞら芽室会」総会
「ふれあい交流まつり」への参加協力(たこ焼き販売)
「ふれあい交流まつり」への参加協力(たこ焼き販売)

身体障害者福祉協会芽室町分会

身体障害者福祉協会芽室町分会「規約」

第1章 総 則
 第1条 本会は、身体障害者福祉協会芽室町分会(以下「本会」という)と称する。
 第2条 本会の事務局は、芽室町役場に置く。  

第2章 目的及び事業
 第3条 本会は、身体障害者相互の親睦をはかり、身体障害者に必要な援護事業を 行い、身体障害者法の堅実な運用に協力し、身体障害者福祉の増進をはかる事を目的とする。
 第4条 本会は、前条の目的を達成するため次の事業を行う。
   (1)身体障害者福祉事業の調査研究
   (2)身体障害者福祉思想の普及
   (3)身体障害者福祉事業の指導・育成並びに職業指導に関する協力
   (4)会誌の発行
   (5)その他、本会の目的を達成するために必要な事業

第3章 会員・役員及び区域
 第5条 本会は、芽室町内に居住する身体障害者手帳保持者を正会員とし、本会設 立の趣旨に賛同し、目的達成に協力する篤志者を賛助会員として組織する。
 第6条 本会は、会員数及び地勢に応じ、地区毎に地区担当の理事を置く。地区担 当の理事(以下「理事」と称する)は、地区内の連絡・指導・調査、その他会務を担当する。
 第7条 本会に次の役員を置く。
     分会長            1名
     副分会長           3名
     会計理事           1名
     常任理事(分会長・副分会長)  17名
     婦人部長           1名
     副部長            1名
     理 事           若干名
     婦人部理事         若干名
     監 事            2名
 第8条 分会長、副分会長、常任理事、婦人部長、副部長、監事は、総会において会員中より選任し、理事、婦人部理事は、分会長が委嘱する。
 第9条 役員の任期は、2ヶ年とする。ただし、再任は差支えない。補欠によって就任した役員の任期は、前任者の残任期間とする。
 第10条 分会長は、本会を代表し会務を総理する。副分会長は、分会長を補佐し、 会務の内総務及び事業を分掌し、分会長事故ある時はこれを代理する。 常任理事は、常任理事会を婦人部長、副部長と共に組織し会務を処理す る。 監事は、各会議に出席し、会務及び会計を監査する。
 第11条 本会に顧問を置くことができる。 顧問は、常任理事会の同意を経て分会長が委嘱する。 顧問は、分会長の諮問に応じ、意見を開陳する。
 第12条 本会に、事務局長1名、書記2名を置き、分会長が委嘱または解職する。

第4章 会 議
 第13条 本会の機関は、総会、常任理事会及び役員会とし、総会は、毎年4月、 常任理事会、役員会は必要に応じて分会長が招集する。ただし、分会長が必要と認めた場合及び会員の3分の1以上の同意請求あるときは、分会長は総会を招集する。 会議は出席者を以て成立し、議事は出席者の過半数によって決定する。 可否同数なるときは、議長が決する。ただし、正会員事故あるときは、家族が代理する。  
 第14条 本会の下記の事項は、総会の議決を要す。 ただし、特別の理由あるときは、書面回議することができる。  
     (1)予算の決定  
     (2)決算の承認  
     (3)規約の変更  
     (4)その他、重要な事項
 第15条 常任理事会及び役員会は分会長を以て議長とする。 

第5条 会 計
  第16条 本会の経理は、正会員の納入する分会費、事業収入、補助金、交付寄付金、その他の収入を以て、これを充てる。
 第17条 本会の会計年度は、毎年4月1日に始まり、翌年3月31日で終わる。ただし、経理において4月1日より総会まで予算未決定期間は、前年度予算を準用する。 

第6章 附 則
 第18条 本規約の施行に必要は附則は、常任理事会の議を経て分会長が別に定める
 第19条 本規約の改正は、総会において出席者の3分の2以上の同意を要する。
 第20条 本規約は、昭和29年5月8日から適用する。  
     昭和30年 3月  1日 改訂  
     昭和32年 4月26日 改訂  
     昭和40年 9月  1日 改訂  
     昭和42年 5月31日 改訂  
     昭和44年 5月27日 改訂  
     昭和46年 5月25日 改訂  
     昭和49年 5月29日 改訂  
     昭和52年 9月28日 改訂  
     昭和56年 4月30日 改訂  
     昭和58年 4月27日 改訂  
     昭和61年 4月24日 改訂  
     平成  2年 5月18日 改訂